イスラエルの反戦運動   

最近、世界が注目しているガザ問題。
イスラエル政府の強硬姿勢だけが報道されていますが、イスラエル国内では大規模な反戦運動が起こっているそうです。

以下、グシュ・シャロームのウェブページより、同デモの記事の邦訳です。
〔邦訳: 岡真理/TUP; 凡例: (原注) [訳注]〕
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2009年1月3日 (土)
テルアビブで大規模反戦デモ

エフド・バラク[イスラエル国防大臣]がガザに対する残虐な地上
攻撃を軍に命令していたその頃、テルアビブでは、イスラエル
全土から駆けつけた、戦争に反対するおよそ一万人の人々が、
一大デモ行進を行った。テルアビブの幹線道路のひとつである
イブン・グヴィロル通りの 4車線すべてデモの人々で埋め尽く
された。参加者は、ラビン広場からシネマテックまで2キロの
道のりをずっと歌を歌い、旗を振りながら行進した。

「選挙戦は子どもたちの死体の上でするものじゃない!」参加者
はヘブライ語で韻を踏みながら叫ぶ。「孤児や未亡人は選挙宣伝
の道具じゃない!」「オルメルト、リヴニ、バラク! 戦争は
ゲームじゃない!」「全閣僚が戦争犯罪者だ!」「バラク、バラク、
心配するな――ハーグ[国際刑事裁判所]で会おう!」「もうたく
さんだ――ハマースと話し合え!」

プラカードの文句も似たようなものだった。バラクの選挙スロー
ガンをもじったものもあった。たとえば「バラクに愛想がないの
は、殺人者ゆえ!」(バラクのスローガンの原文は「バラクに愛想
がないのは、指導者ゆえ!」)。こんなのもある「2009年『選挙』
戦争に反対!」「6議席戦争!」。これは、戦争初日の世論調査で、
バラク率いる労働党が 6議席獲得の見込みと出たことに当てつけ
ている。

このデモ実施の前には、警察との衝突があった。警察は、右翼の
暴徒がデモ隊を攻撃するのを抑えることができないからと言って、
デモを禁じるか、少なくとも制限しようとしたのだった。なかで
も、警察はデモの組織者たちに、参加者がパレスチナの旗を掲げ
るのを禁じるよう求めてきた。組織者たちは高等裁判所に請願し、
結果、裁判所は、パレスチナの旗を合法と判断し、警察にデモ隊
を暴徒から守るよう命じた。

デモの実施は、グシュ・シャロームと、平和のための女性連合、
壁に反対するアナーキスト、ハダシュ、オルターナティヴ情報
センター、ニュー・プロファイルなど 21の平和団体が決定した。
メレツとピース・ナウは公式には参加していないが、同団体の
多くのメンバーがデモにやってきた。[イスラエル]北部からは
約1000人のアラブ系市民が 20台のバスを連ねて到着した。
サクニーンで行われたアラブ系国民主体の一大デモを終えて
すぐその足で来たものだ。

組織者たちにとっても、これだけの数の参加者があったことは
驚きだった。「第二次レバノン戦争開始の 1週間後、私たちが
反戦デモの動員に成功したのは 1000人だけだった。今日、1万人
の人々が参加したという事実は、戦争への反対が今回ははるかに
強いことの証だ。もしバラクが自分の計画を続けるなら、世論は
数日で全面的に戦争反対に転じるかもしれない。」

グシュ・シャロームの巨大な旗にはヘブライ語とアラビア語と
英語で次のように書かれていた「殺すのを止めろ! 封鎖を止めろ!
占領を止めろ!」。これらデモのスローガンは、封鎖の解除と
即時停戦を求めるものだ。

この抗議行動の日、極右は力ずくでデモを粉砕するために動員を
かけた。警察は暴動の阻止に極力、努め、ラビン広場からシネマ
テック広場までの 1マイルの行進は比較的平穏に運んだ。しかし、
参加者が警察との合意に基づき解散し始めたとき、右翼の一大
群集が彼らを攻撃し始めたのだった。警察は、それまでは両陣営
を近づけさせないようにしていたのだが、その場から姿を消した。
暴徒はこのあと、デモ隊の最後尾の参加者たちを取り囲み、嫌が
らせをし、小突き回した挙句、デモ参加者たちの最後の何人かが
シネマテックの建物に逃げ込むと、建物を包囲した。暴徒は建物
の内部に押し入ろうとし、 デモ参加者を「片付けてやる」と
脅したが、ぎりぎりになって何人かの警官が到着し、入り口を
守った。暴徒たちは長いこと、その場を立ち去らなかった。

このような状況のため、行進の最後に予定されていた市民集会を
開くことは不可能となった。スピーチもなされなかった。以下は、
グシュ・シャロームを代表してウリ・アヴネリがするはずだった
スピーチの英訳である。


私たちは
裏切り者だといわれる。
私たちは
イスラエルを破壊する者だといわれる。
私たちは
犯罪者だといわれる。

しかし私たちは言い返そう、
犯罪者とは
この犯罪的で無益な戦争を
始めた者たちだと!

無益な戦争、
なぜなら政府が
150万の
ガザ住民に対する
封鎖をやめさえすれば
カッサーム・ロケットを止めることは
できたのだから。

犯罪的な戦争、
なぜなら、なによりもまず、
これは公然にして恥知らずにも
エフド・バラクとツィピ・リヴニの
選挙戦の一部だから。

エフド・バラクを告発する。
国会の議席数をふやすために
イスラエル国防軍の兵士を利用したかどで。

ツィピ・リヴニを告発する。
自分が首相に
なるために
殺し合いを奨励したかどで。

エフド・オルメルトを告発する。
悲惨な戦争を利用して
腐敗と汚職とを
糊塗しようとしたかどで。

ここにいる
勇気と分別ある聴衆を代表して
この演台から
私は彼らに要求する。
今すぐ戦争をやめよ!
無益に私たちの兵士そして市民の
血を流すのをやめよ!
ガザの住民の
血を流すのをやめよ!

地上部隊の侵攻によって
もたらされるは
さらなる惨事、
大虐殺の応酬、
そしてなにより
おぞましい戦争犯罪!

この戦争の後
どの将軍も
戦争犯罪のかどで
逮捕される恐怖を抱かず
欧州の地に
足を踏み入れることはできまい。
他に方法はないと
私たちは言い聞かせられている。
それは違う!!!
今でさえ、そう、まさにこの瞬間にも、
停戦は可能なのだ。
わたしたちが殺人的な封鎖を
解除することに同意するならば、
わたしたちがガザの人々が尊厳をもって
生きることを認めるならば、
わたしたちがハマースと対話するならば。

南部の人々、
スデロット、
アシュドッド、 ビールシェバの人々よ、
聞いてほしい。
私たちとてあなたがたの苦しみは分かる ――
ともに住んでいるわけではなくても、
よく分かっている。
でもこの戦争が
あなたがたの状況を変えはしないということもまた
私たちは知っている。
政治家連中はあなたがたを食いものにしている。
政治家連中はあなたがたに乗じて
戦争を行なっている。
あなたがたも分かっているでしょう!

オルメルト、バラク、リヴニに
要求する。
兵士をガザに送るな!
お前たち 3人とも、戦争犯罪人として告発されるだろう!
お前たち 3人とも、この代償を払うことになるだろう!

今、お前たちに敬礼している
イスラエルの大衆は
明日はお前たちを罰するだろう。
それが第二次レバノン戦争で
起こったこと。
それが今度もまた
起こるだろう!

そしてここに立っているみなさん、
老いも若きも
男も女も
ユダヤ人もアラブ人も、
この身の毛のよだつ戦争に
最初の日から、
最初の瞬間から、
孤立し毒づかれながらも、
抗議の声をあげたみなさん ――
みなさんこそが真の英雄です!

誇りに思ってください、
心から。
みなさんはヒステリーと無知の嵐の只中にいて
吹き飛ばされることもなく
しっかと立っているのだから!
家庭のなかだけでなく、
ここ街頭においても、
皆さんは正気を保っています!

世界中の何百万の人々がみなさんを見ていて、
敬意を表しています。
みなさん一人ひとりに。

一人の人間として、
一人のイスラエル人として、
一人の平和を求める者として、
わたしは今日
ここにいることを誇りに思います。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
原文: "MASSIVE DEMONSTRATION AGAINST THE WAR" (Saturday 03/01/09)
平和人権団体 Gush Shalom のウェブページ上の英文声明
URI: http://zope.gush-shalom.org/home/en/events/1231029668
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[PR]

# by fwge1820 | 2009-01-19 07:34 | その他

森田人権学、テイクオフ!   

東京工業大学で、今年秋学期に私が担当する「ノンプロフィット国際人権論」のシラバスです。

ノンプロフィット国際人権論

担当:森田明彦(社会理工学研究科社会工学専攻特任教授)
【開講学期】後学期(奇数年)
【単位数】  2-0-0
【担当教員】森田明彦特任教授
【連絡先】森田明彦特任教授 E-mail: fwge1820@nifty.com
携帯 090-9856-5782
【講義のねらい】
前ハーバード大学カー人権政策研究所長(現カナダ自由党副党首)のマイケル・イグナティエフが指摘したように、第二次世界大戦後、人権という理念・規範が世界的に普及した背景には国際人権NGOによる活発なアドボカシー活動がある。今日、人権規範は「権利に基づくアプローチ」を通じて開発協力の世界でも重要な活動指針となっている。20世紀後半は正に「権利革命」の時代であったのだ。この講義では、NGO、NPOの活動原理である「人権」理念が如何に生まれ、発展してきたのかを歴史的に振り返ると同時に、人権を巡る課題を地球環境問題との関連や人身売買、武力紛争下の人権侵害等を通じて具体的に考えてみることとしたい。

【講義計画】
第1回 子どもの権利を巡る世界的動き
第2回 「人身売買」問題
フィリピンとカンボジアでのリサーチワークショップの結果を中心に
第3回環境と人権
地球環境問題と人権
第4回 武力紛争と人権
子どもの兵士問題を中心に
第5回 人権理念の歴史(1)
近代西欧社会における人権理念の誕生と発達
Charles Taylor, Hegel, Cambridge University Press, 1977
C.Taylor, Sources of the Self, Harvard University Press, 1989
C.Taylor, A Secular Age, Belknap Pr, 2007
第6回 人権理念の歴史(2)
近代西欧社会における人権理念の誕生と発達
Charles Taylor, Hegel, Cambridge University Press, 1977
C.Taylor, Sources of the Self, Harvard University Press, 1989
C.Taylor, A Secular Age, Belknap Pr, 2007
第7回 人権理念の歴史(3)
近代西欧社会における人権理念の誕生と発達
Charles Taylor, Hegel, Cambridge University Press, 1977
C.Taylor, Sources of the Self, Harvard University Press, 1989
C.Taylor, A Secular Age, Belknap Pr, 2007
第8回 人権の制度(1)
人権保障制度の概要
第9回 人権制度(2)
子どもの権利委員会を巡る動き:日本政府報告書を中心に
第10回 人権の今日的課題
アジア的価値と人権
Charles Taylor, Conditions of an Unforced Consensus on Human Rights in J.R.Bauer & Daniel A. Bell eds., The East Asian Challenge for Human Rights, Cambridge University Press, 1999
第11回 人権の今日的課題
他国への介入と人権:イラク戦争
Michael Ignatieff, The Lesser Evil, Edinburgh University Press,2005
第12回 人権の今日的課題
多文化主義と人権
チャールズ・テイラー『マルチカルチュラリズム』を中心に
第13回 人権の今日的課題
ユビキタス社会における人権
Akihiko Morita, Modern social imaginaries and human rights(第23回IVR世界大会での発表原稿)
第14回 人権の今日的課題
現代社会の柔らかい専制と人権
チャールズ・テイラー『『<ほんもの>という倫理』を中心に
第15回 まとめと振り返り

【成績評価】
小レポート40%(毎回の授業の最後にA4で1枚のレポートを書いてもらいます)
授業への参加度 20%
最終レポート  40%(3000字程度のレポートを書いてもらいます)

【テキストなど】
<テキスト>
森田明彦『人権をひらく―チャールズ・テイラーとの対話』(藤原書店、2005年4月)
<参考文献>
森田明彦『表現アートセラピーを応用したリサーチ手法の可能性―人身売買被害者の<ほんもの>の語り』(財団法人アジア女性交流・研究フォーラム、2007年4月)
チャールズ・テイラー、田中智彦『<ほんもの>という倫理』(産業図書、2004年)
チャールズ・テイラー、佐々木毅他訳『マルチカルチュラリズム』(岩波書店、2002年)
チャールズ・テイラー、渡辺義雄訳『ヘーゲルと近代社会』(岩波書店、2000年)
中野剛充『テイラーのコミュニタリアニズム』(勁草書房、2007年)
マイケル・イグナティエフ、エイミー・ガットマン編、添谷育志・金田耕一訳『人権の政治学』(風行社、2006年)
Akihiko Morita, Charles Taylor, 『社学研論集』第10号(早稲田大学大学院社会科学研究科、2007年)
Charles Taylor, Hegel, Cambridge University Press, 1977
C.Taylor, Sources of the Self: The Making of the Modern Identity, Harvard University Press, 1989
C.Taylor, Modern Social Imaginaries, Duke University Press, 2005
C.Taylor, A Secular Age, Belknap Press, 2007
J.R.Bauer & Daniel A. Bell eds., The East Asian Challenge for Human Rights, Cambridge University Press, 1999
Michael Ignatieff, The Lesser Evil, Edinburgh University Press, 2005

【オフィスアワー】

【教員から一言】
人権とは如何なる意味で普遍的なのだろうか?
わたしは、多文化の下での人権の普遍性を検討する際、既存の文化を前提として、現行の人権思想との整合性を議論することは二重の意味で過ちであると考えている。第一に、人権思想自体が、西欧近代社会において成立した歴史的産物であり、西欧社会の文化的偏向を反映しており、これをそのまま受容しようとすることは、個人の基本的平等から導かれる各個人の属する文化、民族、国家間の基本的平等という人権思想の内在的原則に反している。第二に、それぞれの文化の内容は所与のものではなく、その内容を決める権利は個人にあるという人権思想のもう一つの原則である個人の自律性を無視している。つまり、ある文化の下で人権という思想は定着し得るか、という問いには現在の人権思想自体と当該文化に対する批判的吟味が伴っていなければならない。
わたしは、国際人権という理念は、各々の文化において異なった基礎付け、原理的根拠を見出すべきであると考えている。そのためには、(1)現在の人権思想のどの部分がその誕生の地である西欧社会の文化的偏向を反映した特殊西欧的なものであるかを明らかにするという社会思想史的分析、(2)特殊西洋的な部分を取り外した人権思想はどのようなものとなり得るのかという哲学的検討、(3)人権という新しい思想を受け入れるために、特定の文化にとっていかなる変容が求められるのかという文明論的検討という三つの作業が不可欠である。
そのために私が取り上げたのが「権利主体としての自己」という観念である。テイラーによれば、近代における道徳世界が、それ以前の文明と決定的に異なっているのは、権利の内容ではなく、権利の形式である。すなわち、近代以前において、ひとは「法の下にある(I am under law)」と考えられていたのに対して、近代以降、権利とはその所有者が(権利を)実現するために、それに基づいて行動すべき、あるいは行動することができる「主体的権利」と考えられるようになったのである。中世の身分制社会から解放された個人は、自らの望むところにしたがって自らの人生を発展させる権利を、「法」によって与えられたのではなく、自らに帰属するものと考える「権利の主体」となった。
「権利の主体としての近代的自己」は、自由で民主的な共同体に「位置づけられた存在」として、他者との対話と承認を通じて自らの個性を発展させるために、そのような生き方を可能とする自由主義体制を維持、発展させる社会的責務を自ら担う「主権者としての人」となったのである。
[PR]

# by fwge1820 | 2008-03-21 23:10 | 東京工業大学

2008年度学部授業の開講に向けて   

2008年4月8日より開講される東洋大学学部2年生向けの「現代社会福祉特別講義IV」のシラバスはこんな感じです。

【科目名】 
現代社会福祉特別講義IV

【テーマ・サブタイトル】(全角100文字まで)
子どもの権利から見た現代世界の課題とその歴史的背景について

【講義の目的・内容、到達目標】(全角1000文字まで)
我々が今日暮らす「近代社会(modern society)」には特有の道徳秩序が存在している。人権理念は、この近代道徳秩序の精華であると同時に表象でもある。
この講義では、現代社会の具体的な人権の課題を取り上げつつ、それぞれの課題を分析するために必要な人権理念の基本的なパラダイム(権利主体としての自己観)を身に付けることを目的とする。
子どもの兵士、子どもの人身売買など世界各地で続く深刻な子どもの権利侵害は何故起きるのか?その解決のために「人権」という理念は有効なのか?
この講義では、現代の世界的課題である経済格差、地球環境問題、武力紛争について、子どもの兵士、子どもの人身売買などの具体的な事例に即して考えるための基礎的な知識を教授する。
また、これらの課題を解決するための規範としての人権がどのように生まれ、発展してきたか、を概観するための思想史的な基礎知識を教授する。
その上で、受講者による討議とレポート作成を通じて、基本的な分析・表現能力の向上を図る。

【講義スケジュール】(全角1000文字まで)
第1回 子どもの権利を巡る最近の動き
ニーズに基づくアプローチから権利基盤アプローチへの移行
第2回 「人身売買」問題に関する講義
フィリピンとカンボジアでのリサーチワークショップの結果を中心に
第3回 「環境と人権」に関する講義
環境難民について
第4回 「武力紛争と人権」に関する講義
子どもの兵士問題を中心に
第5回 「人権」の歴史に関する講義(1)+学生との討議
近代社会における「権利主体としての自己」の誕生:チャールズ・テイラー『自己の諸
源泉』を中心に
第6回 「人権」の歴史に関する講義(2)+学生との討議
現代社会の課題:チャールズ・テイラー『<ほんもの>という倫理』を中心に
第7回 「人権」の制度に関する講義(1)+学生との討議
子どもの権利委員会について:日本政府報告書を巡る動き
第8回 「人権」に制度に関する講義(2)+学生との討議
人権保障制度の概略
第9回 「人権」の今日的課題に関する講義(1)+学生との討議
アジア的価値と人権
第10回 「人権」の今日的課題に関する講義(2)+学生との討議
他国への軍事介入と人権:イラク戦争
第11回 「人権」の今日的課題に関する講義(3)+学生との討議
多文化主義と人権:チャールズ・テイラー『マルチカルチュラリズム』を中心に
第12回 「人権」の今日的課題に関する講義(4)+学生との討議
ユビキタス社会の人権
第13回 まとめと振り返り

【指導方法】(全角1000文字まで)
毎回、基本的な知識に関する講義を行った上で、受講者による討議を行い、毎回授業の最後に全員から小レポート(A4で1枚)を作成・提出してもらう。
受講者は具体的な人権の課題を選択し、同課題に関するレポート(3000字前後)を作成、提出する。

【成績評価の方法・基準】(全角600文字まで)
小レポート 40%
授業への参加度 30%
最終レポート 30%

【テキスト】(全角600文字まで)
森田明彦『人権をひらく―チャールズ・テイラーとの対話』(藤原書店、2005年4月)

【参考書】(全角600文字まで)
森田明彦『表現アートセラピーを応用したリサーチ手法の可能性―人身売買被害者の<ほんもの>の語り』(財団法人アジア女性交流・研究フォーラム、2007年)
チャールズ・テイラー、田中智彦訳『<ほんもの>という倫理』(産業図書、2004年)
チャールズ・テイラー、佐々木毅他訳『マルチカルチュラリズム』(岩波書店、2002年)
チャールズ・テイラー、渡辺義雄訳『ヘーゲルと近代社会』(岩波書店、2000年)
また、各講義に関連する参考資料(英文を含む)リストは、講義の初日に配布する。
[PR]

# by fwge1820 | 2008-03-20 08:19 | 東洋大学

2007年度開講にあたって   

今年もいよいよ、東洋大学大学院社会学研究科&福祉社会デザイン研究科の講義が始まる。
今年の「国際社会福祉問題論」のサブタイトルは「体験から考える自分らしく生きる権利」。

【講義の目的、内容】
1945年以来、私たちは基本的人権の尊重、国民主権、そして平和主義を原則とする憲法の下で生きてきました。
けれども、個人の尊厳に基づく基本的人権の尊重という考え方は本当に私たちの生活世界の哲学として根付いたでしょうか?
「権利ばかり教えるから、自己主張の強い子どもに育つのだ」
こんな批判をどこかで聴いたことはありませんか?
この講義では、近代社会に生まれた「人権という思想」を、具体的な事例に基づき、根源的に考えるという試みに挑戦します。
わたしは、財団法人日本ユニセフ協会広報室長として、イラク、スーダン、東チモール、カンボジア、モルドバ等で起きている人権侵害の実情を見てきました。
自分が生き残るために人を殺したスーダンの元子どもの兵士。
生まれたばかりの赤ん坊の治療費のために上の娘を売ったカンボジアの母親。
戦争のために学校に行けなくなったイラクの子ども。
フィリピン人の元エンターテイナーと日本人の間に生まれた子ども。
一方、一見豊かに見える日本社会の中にも様々な問題があります。
子どもの頃に原爆で全ての家族を失った日本人の女性。
肉親から性的虐待を受けて子どもたち。
両親の争い、離婚によって深い心の傷を負った子どもたち。
このような問題に対して、「人権という思想」はどのような解決策を提示することが出来るのでしょうか?
この講義では、近現代人権の歴史的、思想的背景まで遡って、思想としての人権の可能性を考えていきたいと思います。

【講義スケジュール】
1回 子どもの権利を巡る世界的な流れについて講義します。
2回 わたしが2005年より取り組んできた研究調査プロジェクト「表現アートセラピーを応用したリサーチ手法―人身売買被害者の〈ほんもの〉の語り」に基づいて、フィリピン、カンボジアを中心とする人身売買の実状と世界の取組について講義します。
3回-8回
報告者を決めて 『人権をひらく―チャールズ・テイラーとの対話』(藤原書店、2005年)を読んでいきます。「人権」という考え方が近代西欧社会において如何に誕生したのか、そして、この考え方はどんな特徴を持っていて、現在、どのような問題に直面しているのか、を具体的事例に基づき考えていきます。
9回―15回
受講者の実体験を踏まえた報告と、参加者による討論、私の補足説明によって講義を進めたいと思います。

【参考資料】
ルードルフ・フォン・イェーリンング『権利のための闘争』(岩波文庫)
マイケル・イグナティエフ『人権の政治学』(風行社、2006年)
チャールズ・テイラー『ヘーゲルと近代社会』(岩波書店、2000年)
チャールズ・テイラー『マルチカルチュラリズム』(岩波書店、2002年)
チャールズ・テイラー『〈ほんもの〉という倫理』(産業図書、2004年)
森田ゆり『エンパワメントと人権』(解放出版社、2002年)
小熊英二『〈癒し〉のナショナリズム』((慶應義塾大学出版会、2004年)
大久保真紀『プンとミーチャのものがたり―こどもの権利を買わないで』(自由国民社、2000年)

【テキスト】
森田明彦『人権をひらく―チャールズ・テイラーとの対話』(藤原書店、2005年)
[PR]

# by fwge1820 | 2007-04-02 21:05 | 東洋大学

アマルティア・センの理論   

アマルテイィア・セン(Amartya Sen)
1933年生まれの経済学・哲学者で、社会的選択の理論、厚生経済学、開発経済学、所得分配、公共的選択および哲学の分野で多大の研究を発表している 。

機能(functioning)と潜在能力(capability)
個人の福祉(well-being)=生活の良さ
生活=相互に関連した「機能」の集合
機能=ある状態になったり、何かをすること
潜在能力=ひとが行うことが出来る様々な「機能」の集合=様々な生活を送る個人の自由を反映した機能のベクトルの集合=個人の福祉に直接価値のある機能を達成する自由を反映したもの
→個人の主体的自由を個人の福祉の度合を評価する際に明示的に考慮できる出来る理論的枠組

エイジェンシー理論
センは、人が自分自身の福祉(well-being)以外の価値や目的を持つ存在であり、これを「(人の)エイジェンシーとしての側面」と呼び、「福祉の側面」と区別し、一人の人をいずれかの側面に限定してしまうことは出来ないとする 。
「エイジェンシーとしての達成」とは、その人が追求する理由のある価値や目的を実現することであり、必ずしもその人自身の福祉と直接結びついているものではない。
「エイジェンシーとしての達成」は、さらに「実現されたエイジェンシーの成功(realized agency success)」と「手段としてのエイジェンシーの成功(instrumental agency success)」に区別することができる。前者は、エイジェンシーとして有する価値や目的の実現を指し、その人が、その実現にいかなる役割を果たしたか、とは関係がない。後者は、逆に、その実現にあたって、その個人がいかなる役割を果たしか、ということ自体を問題とする。例えば、母国の独立または飢餓の除去について、これらの目的が実現された場合、前者の意味での成功と評価し得る。一方、「手段としてのエイジェンシーの成功」と評価し得るか否かは、その人がいかなる役割を果たしたか、に拠る。
この二つの「成功」の区別は、「自由」の観念と深く関係している。ここで、センは、「コントロールとしての自由」と「有効な自由」を区別する。「コントロールの自由」とは、「手段としてのエイジェンシーの成功」にのみ関係する。つまり、ある目的を実現するために、その人自身が積極的な役割を果たすということを可能とするのが「コントロールの自由」であり、この場合、「実現された成功」という、もっと広い観点から見た「有効な自由」は問題とはならない。例えば、校正者が作者の校正刷りをチェックする場合、校正者が作者の意図の範囲内で校正作業を行っている限り、作者の「コントロールの自由」は限定されても、「有効な自由」は損なわれてはいないのである。
つまり、センは、エイジェンシーを個人が重要と考える目標や価値を実現する能力と考えて、その能力と自由の関連性を論じているのである。
センのエイジェンシー論は、目標や価値を持ち、その実現を目指す存在としての人の側面に焦点を当てたものなのである。

【参考文献】
アマルティア・セン、鈴村興太郎訳『福祉の経済学』(岩波書店、1998年)
Amartya Sen, Inequality Reexamined, Oxford University Press, 1992. 池本幸生・野上裕生・佐藤仁訳『不平等の再検討』(岩波書店、1999年)
[PR]

# by fwge1820 | 2006-05-20 10:16 | 東洋大学

ルードルフ・フォン・イェーリング『権利のための闘争』(岩波文庫、1998年第29刷)   

 この本は、わたしが一番好きなものの一つです。
 「自分の権利があからさまに軽視され蹂躙されるならばその権利の目的物が侵されるにとどまらず自己の人格までもが脅かされる」というイェーリングの言葉は時代を超えて現代に生きる私たちの心をも強く揺さぶる力を持っています。

 イェーリングは「人格そのものに挑戦する無礼な不法、権利を無視し人格を侮蔑するようなしかたでの権利侵害に対して抵抗することは、義務である」と書いています。
 しかも、それは「権利者の自分自身に対する義務である」とイェーリングは主張します。
 わたしが早稲田大学大学院で研究しているカナダの現代思想家チャールズ・テイラーは、このことを「主体的権利とは、その所有者がその権利を実現するために行動し得る、そしてそのために行動すべき何かなのである」と書いています。
 権利とは単なる自己利益に対する保護請求権ではなく、自己に対して尊重を要求する権原であるという考え方は、近代人権の基本的思想です。
 そして、全ての生きとし生けるものにとって、自己の生存を主張することは最高の法則であるが、人間にとっては肉体的な生存だけではなく、倫理的なるものとして生存することも重要であるとイェーリングは主張します。
 権利とは人間の倫理的生存条件を保障するものなのです。

 イェーリングは、さらに「権利の力は、愛の力と全く同様に、感覚にもとづいている」「理解力も洞察力も、感覚の代役をつとめることはできない」と書いています。
 権利の源泉は権利感覚です。
 近代日本における最高の哲学者と考えられる西田幾多郎も、主著『善の研究』のなかで、人間の生き方、いわゆる倫理学の原則として「善」を取り上げ、「善には命令的威厳の性質をも備えておらねばならぬが、これよりも自然的好楽というのが一層必要なる性質である。いわゆる道徳の義務とか法則とかいうのは、義務或は法則そのものに価値があるのではなく、かえって大なる要求に基づいて起るのである」と述べ、「善の裏面には必ず幸福の感情が伴うの要がある」「幸福は満足に由りて得ることができる」としています。
 世界的な現代思想家の一人であるリチャード・ローティも、これまで西欧社会において人間が共通に持ち、道徳性の基盤となると思われてきたのは「合理性」「理性」であり、今日でも感情は道徳性とはまったく関係がないという考え方が支配的であることを批判し、人権文化の発展は感情の進歩によってのみ生じると主張します。
 ローティは、理性は感情より強く、理性が要求する道徳的義務こそ普遍的であると主張した思想家としてカントを挙げています。このローティのカント解釈の是非はともかく、西欧近代社会では理性こそ人間に普遍的に与えられたものであり、人間の倫理の基礎をなすものであるという考え方が支配的であったことは間違いがありません。
 イェーリングの思想は、その意味で伝統的な西欧近代思想に超える要素を含んでいたと言えます。イェーリングの思想が西欧社会の枠を超えて世界に普及したのは、このような点にあるのかも知れません。『権利のための闘争』は日本でも1890年に西周の翻訳で出版されています。
 ちなみに、現代日本の脳科学者である茂木健一郎は「感情こそが不確定性を含む環境下での適切な行動決定を導く」重要な要素であることが近年の研究の結果明らかになったと書いています。1818年に生まれ、1892年に没したイェーリングの思想は、現代自然科学の知見とも整合的なのです。

 イェーリングの思想のもう一つの特徴は「攻撃された権利を守ることは権利者の自分自身に対する義務であるばかりでなく、国家共同体に対する義務でもある」という主張にあります。
 イェーリングは「憲法上の(国民の)権利と国際法上の(国家の)権利のための闘争の戦士は、私法上の権利のための闘争の戦士以外の者ではありえない」という考えに基づき、「外国から敬意を払われ、国内的に安定した国たらんとする国家にとって、国民の権利感覚にも増して貴重な、保護育成すべき宝はない」と強く訴えたのです。
 当時のドイツは「国王、大地主、軍部、官僚の連合体が擁立され」「資本主義の発達が幼稚な為に」、自由主義はきわめて弱体な状態にありました(河合栄治郎『社会思想家評伝』社会思想社、1973年)。
 1848年のドイツにおける3月革命は上記の連合体によって抑え込まれ、ビスマルクの率いるプロイセンの軍事的成功を背景とする権威主義的な統一が進められ、国法学の世界にもビスマルク的憲法秩序を所与のものとして受け入れる法実証的国法理論が登場します(樋口陽一『比較憲法』青林書院、2000年)。
 イェーリングは、個人の権利の尊重こそが国家に対する義務でもあると主張することによって、法の妥当性を国家から独立したものと主張する20世紀初頭の自由法運動の先駆けとなったと一般には考えられています(田中成明他『法思想史(第二版)』有斐閣、2001年)。
 「権利=法とは理想主義である」「自己を自己目的と考え、自分の核心が侵されるときは他の一切を度外視する者の、理想主義である」とイェーリングは主張します。
 そして、この理想主義は「自己の権利を守ることによって法一般が守られるばかりでなく、法一般が守られることによって自己の権利が守られることを心得ている」とイェーリングは書いています。
 当時の権威主義的体制の下で、このイェーリングの主張は権利の主体としての個人の尊重を訴えるぎりぎりの表現であったろうとわたしは考えています。

 「権利感覚の本質は行為に存するのだから、行為に訴えられないところでは権利感覚は萎縮し、しだいに鈍感になり、ついには苦痛をほとんど苦痛と感じないようになってしまう」。
 イェーリングの「権利=法の目標は平和であり、そのための手段は闘争である」という言葉は、現代のわれわれにも強く訴える力を持ち続けているとわたしは感じています。
[PR]

# by fwge1820 | 2006-04-29 17:48 | オススメの本

本年度最初の講義(案)―「人権工学」とは何か?   

人権工学(Human Rights Engineering)とは何か?

 私たちが生きる現代日本は「近代社会」と呼ばれています。
 近代社会とは、巨大な工業力、ぼうだいな交通通信網、完備した行政機構、教育制度、高い平均年齢、ひくい死亡率、発達した学問、芸術などを特徴とする社会です(梅棹忠夫『文明の生態史観』中公文庫、1983年)。

 この「近代社会」は、特定の集団的社会意識、いわゆる「社会像(social imaginaries)」によって支えられています(Charles Taylor, Modern Social Imaginares ,Duke University Press, 2004)。
 テイラーによれば、「社会像」とは、「社会理論」よりも広い概念で、第一にある社会に生きる普通の人々が自らの「社会的環境(social surroundings)」をどのように想像しているか、に焦点を合わせた用語であり、第二に「社会理論」が一般に少数の人々によって共有されているものであるのに対して、「社会像」は必ずしも社会全体ではないが、より多くの人々によって共有されたものであり、第三に、「社会像」は共通の慣習、広範囲に共有された正当性の感覚を可能とする共通理解です。

 わたしは、「近代社会」を支える「近代社会像」の基層理念は「権利主体としての自己」であると考えています。
 テイラーは、「近代」を「自己(self)」を理解する基本的なカテゴリーの革命と捉える近代史観を提起しました(C. Taylor, Hegel, Cambridge University Press, 1975)。
 すなわち、近代以前の自己が宇宙的秩序との関係で自らを規定していたのに対して、近代的自己とは自己規定的(self-defining)であるとするのが、テイラーの洞察なのです。
 一方、テイラーは「近代」と「前近代」の違いを、法の様式の観点から捉えます。
テイラーによれば、近代以前にも個人の生命に対する普遍的で自然的な権利という観念は存在しましたが、17世紀の自然法理論は、生命や自由に対する権利が何らかの「法の下」にあるものとする従来の考え方を、権利の所有者がその権利を実効的なものとするために行動すべき、そして行動し得る何かという主体的権利の観念へと転換しました。
 生命や自由への権利は、近代社会以前には外部から与えられるものであったのに対して、近代の主体的権利の観念の下では、権利を実現する役割は当人に与えられることとなったのです。17世紀の自然法理論は、権利言語を普遍的な倫理的規範を表現する手段として使用することを通じて、この主体的権利に普遍的規範性を賦与しました(C. Taylor, Source of the Self: The Making of the Modern Identity, Harvard University Press, 1989)。
 この権利主体としての近代的自己像は、テイラーが上げた3つの近代社会像と密接に結びついています。神聖な宇宙的および社会的秩序から解放された(disengaged)自由な主体に対応して、自由な個人の同意によって形成される社会、つまり、固有の権利の保持者(bearers of individual rights)である権利主体によって構成される社会という社会像が誕生したのです。
 すなわち、生産手段をまったく所有しない古代の奴隷や、不完全にしか所有しない中世の農奴に対して、「近代」の賃労働者は自分自身の労働力を自由市場に登場させて他の商品と優劣を競うことが出来る「その人身の唯一の所有者」となりました。
 身分制社会から自立した個人は、人身の自由、所有権の確立(経済的自由と平等)を基礎とし、個人が自由に議論し、相互の合意に基いてある社会制度を選択する精神的自由(思想・表現の自由)を持つ、権利の主体となったのです(樋口陽一『比較憲法』(青林堂、2000年)。

 人権工学は、従来、分子生物学がDNAという単位に基づいて構成されるように、権利主体としての自己という基層概念に基づいて構成される新しい学問です。
 また、人権という性格上、単なる実証科学ではなく、具体的な応用方法も研究対象とします。これが、この学問体系を人権主体論ないし人権思想とは呼ばずに、「人権工学」と名付けた大きな理由です。
 特に、近年、脳科学、認知科学、言語哲学等の隣接学問の急速な発展により、「自己」という意識のあり方は自然科学の用語、方法論で記述することが可能になってきています。
 人権工学は、近代社会が生み出した「近代人権」という信念体系をより科学的な基礎に基づいて再構築し、その具体的な応用方法を考えることを目的とする学問です。

 この人権工学は、近年のグローバル化も研究の対象とします。
 ITを中心とする巨大な技術革新が引き起こした経済のグローバル化は日本を含む各国経済に大きな変容を迫っています。この歴史的な構造変化について学ぶことは、21世紀を生きる私たちにとって必須の課題です。
 このグローバル化は国民国家を主要な構成員とする従来の国際社会秩序に大きな変容を迫っています。
 「わたしたちのニーズを満たしてくれる経済は地球規模となったにもかかわらず、これらのニーズの速度と発展とコントロールしようとする政治体はいまだ国家規模にとどまっている」現代社会、いわゆる「近代後期社会」において、どのような「社会道徳」が可能なのかは、私たちが現在直面する最も大きな課題の一つです(M・イグナティエフ、添谷育志・金田耕一訳『ニーズ・オブ・ストレンジャーズ』風行社、1999年)。

 人権工学は、近代社会を権利主体としての自己を基本単位とするシステムとして把握するという観点から近年のグローバル化を巡る課題(IT倫理学など)を検討すると同時に、人権の基本である人権感覚を養成するために様々な参加型手法(トランセンド法、プレイバック、サイコドラマ、ITを活用した多文化共生教育等)を活用した参加型人権教育プログラムの実験を進めます。その際には、自己という意識を巡る近年の隣接科学の知見、技術を全面的に活用していきます。
[PR]

# by fwge1820 | 2006-04-01 09:17 | 東洋大学

二年目の講義のシラバス   

【2006年度の講義について】
人生には思いもかけないことが起こります。学問は、そんな時に新しい自分を見つけ、困難を克服する力を与えてくれるものです。

この講義では、わたし自身が体験した途上国における子ども達の現状や国際社会での出来事、そして受講者一人ひとりの体験をみんなでシェアしながら、現代世界が直面する問題を社会哲学・思想のレベルに遡って構造的、歴史的に考察するという試みに挑戦したいと思います。

自分が生き残るために人を殺したスーダンの元子どもの兵士、生まれたばかりの赤ん坊の治療費のために上の娘を売ったカンボジアの母親、戦争のために学校に行けなくなったイラクの子どもたち、フィリピン人の元エンターテイナーと日本人の間に生まれた子ども、子どもの頃に原爆で全ての家族を失った日本人の女性、そして生きる目標を喪失したように見える現代日本の子どもたち。

その背景に通底する世界の構造的要因とは何なのか。人類が積み重ねてきた英知に学びつつ、深く考え、率直に語り合ってみたいと思います。

最初の2~3回はわたしがイントロダクションおよび総論的な講義を行い、その間に受講生の問題意識を踏まえて、それぞれの報告内容を決め、その後は受講生の報告とわたしの補足的説明に基づく討論によって講義を進めていきたいと思います。

【テキスト】
森田明彦『人権をひらく―チャールズ・テイラーとの対話』(藤原書店、2005年)

【参考文献】
イェーリング『権利のための闘争』岩波文庫(原本は1894年出版)
大久保真紀『こどもの権利を買わないで―プンとミーチャのものがたり』自由国民社、2000年
森田ゆり『エンパワメントと人権』解放出版社、2001年
ユニセフ『世界子供白書2006』
[PR]

# by fwge1820 | 2006-02-11 13:30 | 東洋大学

アフガニスタン復興支援と国連難民高等弁務官事務所   

来週は、国連難民高等弁務官事務所についての講義。
わたしは、特定の国際機関の機構図とか歴史には興味が湧かないので、どうしようかなと考えているうちに思い出したのが、2002年1月に東京で行われたアフガニスタン復興支援会議を巡る出来事。
最終的に当時の外務大臣、外務事務次官の更迭に発展したわけだけど、その始まりは2001年9月11日の米国同時多発テロにあった。
あれから、本当に世界は変わった。
そのことを、もう一度振り返ってみようと思った。

【アフガニスタン復興支援の背景:米国同時多発テロ】
2001年9月11日 米国同時多発テロ
20日 米議会上下両院合同会議および米国民に向けたブッシュ大統領演説
「われわれの対応は、即時の報復と単発的な攻撃をはるかに超えるものとなる。米国民は、1回限りの戦闘ではなく、これまでに体験したことのない長期的な軍事行動を想定するべきである。テレビで見られる劇的な攻撃もあり、成功しても明らかにされない秘密作戦もあり得る。われわれは、テロリストの資金を枯渇させ、テロリスト同士を対立させ、彼らを隠れ家から隠れ家へと追い立て、避難場所も休息も得られなくなるまで追い詰めていく。そして、テロリストに援助と隠れ家を提供する国家をも追及する。どの地域のどの国家も、今、決断を下さなければならない。われわれの味方になるか、あるいはテロリストの側につくかのどちらかである。今後、テロに避難所あるいは援助を提供する国家は、米国に敵対する政権と見なす。」(http://tokyo.usembassy.gov/j/p/tpj-jp0026.html
10月7日 アフガニスタンへの空爆開始
19日 特殊部隊投入
11月9日 マザリシャリフ陥落
11日 バーミヤン陥落
12日 ヘラート陥落
13日 カブール陥落・ジャララバード陥落
14日 チェイニー副大統領「タリバン政権崩壊」と発言
20日 アフガニスタン復興支援高級事務レベル会合(ワシントン会合)
25日 海兵隊投入
26日 クンドゥーズ陥落
27日 アフガン各派代表者会合(12月5日)(ボン会合)
カルザイ氏暫定行政機構議長に選出
12月7日 カンダハール陥落
20日 アフガニスタン復興支援運営グループ第1回会合
(ブラッセル会合)(21日)
22日 暫定行政機構発足
http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/afghanistan/suii.html

【アフガニスタン復興支援国際会議(2002年1月21日、22日、at東京)を巡る混乱】
▼02年1月20日、アフガニスタン復興支援会議レセプションへの出席を直前に外務省から拒否されたNGO(非政府組織)2団体の一つの有力NGO「ピースウィンズ・ジャパン」代表者・大西健丞さんが「(私の)政府批判に、代議士(鈴木宗男衆院議院運営委員長)が怒っていると言う理由で断られた」とメディアに語る。
▼21日 真紀子外相が野上事務次官に電話で問いただす。
▼22日 外相が「政治家の関与があり(NGOの参加許可は)無理だ、と(野上次官が)言い続けた」と発言。
▼24日 衆院予算委員会で民主党・菅直人衆院議員の質問に、外相は、宗男氏の関与を野上次官が認めたと答弁。これに対して鈴木h議員は「外相はウソをつく癖がある。非常に不愉快だ」と発言、野上次官も記者会見で全面否定。
▼25日 国会答弁について自民党の大島理森・国対委員長から“事情聴取”された外相が「残念ですね。官僚のいうことは信用されて、国会議員・大臣がいうことは信用されない」と、記者団の前で涙する。
▼25日 小泉首相が「(涙は)女の最大の武器というからね」と語る。
▼29日(未明) 小泉首相が「本当に何が起こるか分からない。一寸先はヤミだ。最初のボタンの掛け違いもあるし、せっかくアフガン会議が成功し、これからアフガンを復興しようという時にねえ。こういうことになろうとは。しかし、今後どうやって打開するかが先決だな」と語る。
▼30日(未明) 小泉首相、田中真紀子外相と野上義二外務事務次官の両者を更迭。鈴木宗男衆院議院運営委員長も辞任。

【緒方貞子前国連難民高等弁務官による2002年3月17日の、ジャパンソサエテイィでのスピーチ抜粋】
As the Afghan reconstruction agenda unfolded internationally, I was appointed by Prime Minister Koizumi to serve as his Special Representative to lead Japan's efforts. I had visited Afghanistan and the neighboring countries several times over the last years as the United Nations High Commissioner for Refugees. The Afghans were the largest since caseload of refugees, totaling close to 6.3 million when I took up the office in l991. With the withdrawal of the Soviet occupying forces, many returned home. In the subsequent years, some went home as others continued to flee. At the end of 2000 when I left, they were still the major refugee group numbering some 2.5 million.
In the fall of 2000, when I visited Pakistan, Afghanistan and Iran to make my last attempt at mobilizing support to solve the problem of Afghan refugees, the refugee hosting Pakistan and Iran, faced serious difficulties due to dwindling international aid. To the donor community, repatriation to Afghanistan was not an attractive solution, because Afghanistan at the time was under the fundamentalist Taliban regime. They assumed that nobody should want to go back and live under the Talibans. In spite of all the tragedies involving September 11th, for Afghanistan and the Afghan people, it was the subsequent developments following the attacks that brought them new opportunities. Personally, I felt privileged to be able to contribute to the betterment of the Afghan refugees who represented my biggest unfinished work.
http://www.humansecurity-chs.org/activities/outreach/js_afghan.html

【アフガニスタンで活動する日本のNGOへの支援】
2001年10月以降2003年1月までジャパン・プラットフォーム(JPF)拠出金(平成13年度)→アフガニスタンで活動するJPF参加10団体の現地初動活動資金として約5.5億円を使用。
燈台(アフガニスタン難民救済協力会)
カブール県ラシュモニア症撲滅計画(草の根無償資金協力)/8,361,515円
(平成14年3月2日贈与契約締結)
特定非営利活動法人 AMDA
パキスタン・クエッタ周辺におけるアフガン難民・帰還民への緊急医療救援プロジェクト(NGO緊急活動支援無償)/約3,800万円(平成14年3月22日支援実施契約締結)
財団法人 日本国際親善厚生財団
パキスタン・ペシャワールアフガン難民医療支援活動
(NGO緊急活動支援無償)/約5,990万円(平成14年3月22日支援実施契約締結)
アフガニスタンへ病院用ベッドを贈る会(愛知県安城市)
カピサ病院、ローガル病院への中古ベッド、車椅子等の供与(中古リサイクル物資輸送費支援)平成14年11月21日 供与限度額:4,849,609円
特定非営利活動法人 アジア戦災孤児救済センター(東京都)
トラウマ・PTSDに苦しむ戦災孤児支援プロジェクト
平成14年12月26日 9,918,445円
社団法人 セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン
カブールにおける女子学生・女子教員の制服作成技術指導及び支給プロジェクト
平成15年1月17日 9,782,865円
[PR]

# by fwge1820 | 2005-11-26 11:19

子ども最優先! ユニセフ(国際連合児童基金)   

今回(11月16日)は懐かしいユニセフについての講義。
ユニセフのことは色々な角度から話せるわけだけど、今回は一応、人権という視点から話を進めてみる予定。

【国際人権の歩み】
1941年 フランクリン・ルーズベルト米国大統領
  Freedom of speech and expression
  Freedom of worship
  Freedom from want
  Freedom from fear
1948年  世界人権宣言
1965年 あらゆる形態の人種差別の撤廃に関する国際条約
  (日本は1995年に締結)
1966年  経済的、社会的及び文化的権利に関する国際規約
  (日本は1979年に締結)
1966年 市民的及び政治的権利に関する国際規約
  (日本は1979年に締結)
  (但し、選択議定書及び第二選択議定書は未締結)
1979年  女子に対するあらゆる形態の差別の撤廃に関する条約
  (日本は1985年に締結)
1989年  子どもの権利に関する条約
  (日本は1994年に締結)
1990年  全ての移住労働者及びその権利保護に関する条約
  (日本は未締結)

【子どものための世界サミット(1990年9月)より国連子ども特別総会(2002年5月)へ】
子どものための世界サミット(1990年9月30日)
「子どもの生存、保護および発達に関する世界宣言」&「1990年代における子どもの生存、保護および発達に関する世界宣言を実施するための行動計画」
  (1)1990年から2000年までの間に、乳児死亡率と五歳未満児死亡率を現在の三分の二か、出生1000名当たりそれぞれ50と70の、どちらか低い方まで下げる
  (2)1990年から2000年まで間に、妊産婦の死亡率を半分にする
  (3)1990年から2000年までの間に、五歳未満児の重・中度の栄養不良を半減する。
  (4)すべての人が安全な飲料水や、衛生的な糞尿処理施設のある生活ができるようにする
  (5)2000年までに基礎教育の完全普及を実現し、就学年齢児の少なくとも80%が初等教育を終了できるようにする
  (6)とくに女性の識字率に重点を置いて、成人(年齢については国が決める)の非識字率を少なくとも1990年レベルの半分にする
  (7)特に困難な状況にある子どもに対する保護をいっそう強化する
             ↓
国連子ども特別総会(2002年5月8日~10日)
「子どもに相応しい世界(World Fit for Children)」
  (1) 健康な生活の促進
  (2) 良質な教育の提供
  (3) 虐待、搾取および暴力からの保護
  (4) HIV/AIDSとの闘い
     ☞ 子ども参加
404名の子ども(8歳~18歳)が参加した「子どもフォーラム」の開催(5月5日~7日)
「わたしたちに相応しい世界」(日本語訳:安部芳絵・平野裕二)
「私たちは子どもにふさわしい世界を求めます。私たちにふさわしい世界はすべての人にふさわしい世界だからです。」
「みなさんは私たちを未来と呼びます。けれども私たちは現在でもあるのです。」

「子どもの生存と発達革命」(1980年代)より「子どもの権利革命」(1990年代~)へ
1980年1月、ジェームズ・P・グラントがユニセフ(国際連合児童基金)第3代事務局長に就任
「子どもの生存と発達革命(Child Survival and Development Revolution)」が始まる
発育観察(Growth Monitoring)
経口補水療法(Oral Rehydration Therapy)
母乳育児(Breastfeeding)
予防接種(Immunization)
       ↓
1989年11月20日、「国連子どもの権利に関する条約(子どもの権利条約)」が国連総会で採択される
生存(Survival)
発達(Development)
保護(Protection)
参加(Participation)
[PR]

# by fwge1820 | 2005-11-14 14:31