カテゴリ:お知らせコーナー( 4 )   

「子どもの権利条約フォーラムinみやぎ」プレイベント   

日時  平成22年4月11日(日)14:30~17:30
場所  仙台市シルバーセンター 第2研修室
   (仙台市青葉区花京院1丁目3-2 TEL:022-215-3191)

<基調報告>
「日本の子どもと子どもの権利条約―市民・自治体・国・国連の役割を考える」
早稲田大学教授・子どもの権利条約ネットワーク代表 喜多明人
<パネルディスカッション>
「子どもの権利条約はなぜ必要なのかー子どもの権利条約フォーラム開催の意義」
山梨学院大学法科大学院教授・子どもの権利条約総合研究所事務局長 荒牧重人
尚絅学院大学教授 森田明彦
特定非営利活動法人チャイルドラインみやぎ代表理事 小林純子

<開催趣旨>
 昨年は子どもの権利条約が国連で採択されて20年、日本が批准をして15年という節目の年でしたが、虐待やいじめなど子どもの権利が守られているとは言いがたい状況です。
 2010年はまた新たな歩みを始める年と位置づけて、多くの方の賛同とご協力のもと、子どもの権利条約を皆が知って子どもの権利を尊重し、少しでも子どもが生きやすい社会をつくることをめざしていきたいと思い、宮城県内の有志が集い、2010年11月13~14日(土・日)「子どもの権利条約フォーラム in みやぎ」を開催することになりました。
 子どもの権利条約フォーラムは、子どもの権利条約を普及、実施していくことに関心を寄せる人々の意見交換、出会い、交流の場として、1993年から昨年まで子どもの権利条約採択記念日(11月20日)前後に全国各地で延べ17回開催されてきました(東京4回、大阪、神奈川、福岡、群馬、青森、千葉、兵庫、茨城、滋賀、熊本、長野、三重、富山)。毎回2日間で延べ1000人ほどの参加者が、開催地及び全国、そして海外から集まり、子どもを取り巻く現状や課題について現状報告や意見交換を行っています。
 今回は、このフォーラム開催に尽力してこられた3人のお話をお聞きし、宮城県の子どもの現状と課題をさぐりながら、フォーラム当日への機運を高めていきたいと企画いたしました。多くの方のご参加をお待ちしています。

「子どもの権利条約フォーラム in みやぎ」準備会連絡先
特定非営利活動法人チャイルドラインみやぎ(連絡可能時間 平日15時~20時)
〒981-0954 仙台市青葉区川平1-16-5スカイハイツ102
TEL&FAX 022-279-7210 
Eメール c.l.miyagi@viola.ocn.ne.jp
[PR]

by fwge1820 | 2010-03-24 11:16 | お知らせコーナー

10月14日日本フィリピン国際児の劇団「あけぼの」による国会公演のご案内   

日本のお父さんに会いたい!
<日本フィリピン国際児の声を聴く会at衆議院第一議員会館>

日本人の父親とフィリピン人の出稼ぎ女性との間に生まれた子どもたち(JFC)の劇団「あけぼの」によるミュージカル公演は、毎年各地で新鮮な感動を呼び起こしてきました。
8回目を迎える今年、この劇団「あけぼの」のミュージカルを国会でも開催できることとなりました。
日本で就労するフィリピン女性はどんな境遇におかれ、その子どもたちはどんな思いを日本社会にいだいているのでしょうか?
この公演には、マニラ在住の7歳から17歳の総勢9人の子どもたちが参加します。


【開催概要】
日時:10月14日(金)11:15-12:00(開場:11:00)
会場:衆議院第1議員会館第1会議室
主催:DAWN,DAWN-Japan
協力:てのひらの会(人身売買問題に取り組む学生NGO)
(この公演&報告会は一般の方も参加できます。ご関心のある方は、当日、直接議員会館までお出でください。入り口で入館証をお渡しします。入場料は無料です。)

◎DAWN(Development Action for Women Network) http://www.dawnphil.org
マニラに事務所を置くNGO。フィリピンの出稼ぎ女性とJFC(Japanese Filipino Children)のあらゆる側面からの支援を活動の理念としています。心身共に弱った女性たちへのカウンセリングに始まり、子どもたちの教育のための援助、医療費などの支援、子どもの父親との連絡、経済的な自立を目指した生計支援のためのさまざまなプログラムの提供などの活動を行っています。

◎劇団「あけぼの」
DAWNの女性たちと子どもたちによって構成され、1997年にその活動を開始しました。演劇ワークショップの手法を取り入れたこの活動では、演技を通して女性たちや子どもたちが自分自身を表現することができます。それは失った自己尊厳の回復と新たな自信を身につけるための有効な手段となっています。

◎今回来日している劇団員
アイ・リサ・アカセ(15歳)、マサミ・カブガオ(11歳)、ヨウジ・セレソ(8歳)、ジュンコ・フジワラ(17歳)、キナコ・フジワラ(12歳)、イアン・イチロー・カドワキ(14歳)、ジョイニチ・カワグチ(14歳)、カナ・ナカヤ(8歳)、ナオミ・ナカヤ(7歳)
[PR]

by fwge1820 | 2005-10-11 08:53 | お知らせコーナー

劇団「あけぼの」博多公演のお知らせ   

フィリピンのNGOであるDAWN(Development Action for Women Network)が立ち上げてジャパニーズ・フィリピーノ・チルドレン(JFC)の子どもたちからなる劇団「あけぼの」の日本公演が博多を皮切りに始まります。

【博多公演のお知らせ】
日時:2005年10月7日(金)17時30分~19時
場所:春日市役所大会議室
出演:劇団「あけぼの」
参加費:大人500円(高校生以下無料)

お問い合わせやご参加希望はAWCまで
Tel:092-513-7366
[PR]

by fwge1820 | 2005-10-05 14:06 | お知らせコーナー

5月28日、北九州市での講演会のレジュメ   

5月28日(土) に北九州で開催される KFAWカレッジ第1回プログラムで、わたしがお話をするのですが、その際のレジュメです。

「子どもの安全、日本の安全、世界の安全」
(1)日本の子どもたちは安全でしょうか?
  心の安全
  身体の安全
  生活空間の安全
(2)日本の社会は安全でしょうか?
  国内の安全:治安と経済
  日本を取り巻く東アジアの安全
(3)今の世界は安全でしょうか?
  9・11は、なぜ起きたのでしょうか?
  その結果、世界はどう変わったのでしょうか?
  あなたは、どんな世界を子どもたちに残したいですか?
【参考文献】
河合幹雄『安全神話崩壊のパラドックス―治安の法社会学』(岩波書店、2004年)
近藤敦『外国人の人権と市民権』(明石書店、2001年)
人間の安全保障委員会『安全保障の今日的課題』(朝日新聞社、2003年)
法務省『平成16年度版犯罪白書』(2004年11月5日)
武者小路公秀『人間安全保障論序説』(国際書院、2003年)
森田明彦『人権をひらく-チャールズ・テイラーとの対話』(藤原書店、2005年4月)
森田ゆり『子どもと暴力』(岩波書店、2000年)

【5月28日(土) 14:00-16:30 KFAWカレッジ第1回プログラム 】
主催:(財)アジア女性交流・研究フォーラム
話す人:森田 明彦
会場:北九州市立男女共同参画センター5F 小セミナールーム
(北九州市小倉北区大手町11-4)
(地図 http://www.kfaw.or.jp/access.html)
定員:50名(どなたでもどうぞ)
参加費:一般500円 学生300円(賛助会員は無料)
託児:6ヶ月~未就学児(おやつ代100円)
※4日前までにお申し込み下さい
申込:電話、FAX、Eメール、HPにて下記までどうぞ
:(財)アジア女性交流・研究フォーラム
〒803-0814 北九州市小倉北区大手町11-4 北九州市大手町ビル3F
Tel: 093-583-3434 Fax: 093-583-5195
E-mail: info@kfaw.or.jp URL: http://www.kfaw.or.jp
[PR]

by fwge1820 | 2005-05-16 08:01 | お知らせコーナー