2005年 10月 25日 ( 1 )   

大日本帝国と国際連盟は何故失敗したのか?   

【国際連盟の略史】国際連盟は何故失敗したのか?
1914年6月28日 セルビアのボスニア州都サラエボを訪問中のオーストリア皇太子夫妻が暗殺される
7月28日 オーストリアがサラエボに宣戦布告
サラエボ側:ロシア、フランス、英国、日本、ベルギー、米国、中華民国
オーストリア側:ドイツ、トルコ、ブルガリア
1917年4月 米国が第一次世界大戦に参戦
    11月 ロシア十一月革命、ソヴィエト政権樹立
1918年1月 ウィルソンン米国大統領(民主党)による14カ条宣言:国際連盟の創設を提唱(19世紀末より第一次世界大戦まで、米国では自由競争の復活、独占資本の弊害除去、政界浄化を目指す「革新主義(progress-ism)」が広っていた)
1918年11月 ドイツ革命
    11月11日 休戦条約締結
1919年1月 パリ講和会議
    6月28日 ヴェルサイユ条約(民族自決主義、国際協調主義)
1920年1月 国際連盟が正式に発足
1929年10月24日 ウォール街の株式大暴落
1946年4月 解散決議

【日本の歴史】日本は何故、ファシズムへ傾斜していったのか?
1905年 日露戦争
1915年1月 中国政府に対する日本による二十一カ条の要求
1923年 関東大震災
1927年 金融恐慌
1930年 金輸出解禁に伴う円相場急落、デフレ
1931年 柳条湖事件(満州事変の始まり)
1932年 五・一五事件
1933年3月12日 国際連盟脱退
1936年 二・二六事件
1937年 日独伊三国防共協定
盧溝橋事件、南京事件
1938年 国家総動員法公布
1940年 大政翼賛会
1941年12月8日 真珠湾攻撃
1945年8月15日 敗戦

【国際連盟の構造】
本部(ジュネーブ)
総会:全参加国代表によって構成される
理事会:常任理事国(当初は英、仏、米、伊、日。但し、米は国連に加盟せず、26年に独が連盟加盟と共に常任理事国へ。33年には日、独が脱退。34年にソ連が連盟に加盟して常任理事国へ)+非常任理事国

【ウィルソンン米国大統領による14カ条】
(1)秘密条約を廃し、外交を公開する。(2)平時、有事にかかわらず公海の自由をみとめる。ただし、国際条約の執行のための国際的活動で閉鎖される場合はのぞく。(3)可能なかぎり国際通商の障壁をとりのぞき、和平に同意した国家相互間で平等な通商条件を確立する。(4)公共の安全を維持できる程度まで軍備を削減する。(5)宗主国と植民地双方の住民の利害が一致するよう、植民地をめぐる主張の対立を調停する。(6)民族自決を条件にロシア領から撤退する。(7)ベルギーから軍隊を撤退させ、主権を回復させる。(8)アルザス・ロレーヌをふくむ地域から軍隊を撤退させ、フランスに返還する。(9)国家的独立を保障しうる境界線にそってイタリア国境を再確定する。(10)オーストリア・ハンガリー二重帝国内の諸民族の自治権をみとめる。(11)セルビア、モンテネグロ、ルーマニアから軍隊をひきあげて領土を返還し、セルビアに海洋への通行権をみとめ、バルカン諸国の国家的独立への願いを再調整し国際的に保障する。(12)トルコの支配下にある非トルコ系住民に民族自決をみとめ、ダーダネルス海峡を国際管理下におく。(13)ポーランドの独立をみとめ、海洋への通行権を保障する。(14)政治的独立と領土の保全を相互保障しあう特別な盟約にもとづいた諸国家の包括的組織をつくる。
[PR]

by fwge1820 | 2005-10-25 20:44