2005年 10月 11日 ( 1 )   

10月14日日本フィリピン国際児の劇団「あけぼの」による国会公演のご案内   

日本のお父さんに会いたい!
<日本フィリピン国際児の声を聴く会at衆議院第一議員会館>

日本人の父親とフィリピン人の出稼ぎ女性との間に生まれた子どもたち(JFC)の劇団「あけぼの」によるミュージカル公演は、毎年各地で新鮮な感動を呼び起こしてきました。
8回目を迎える今年、この劇団「あけぼの」のミュージカルを国会でも開催できることとなりました。
日本で就労するフィリピン女性はどんな境遇におかれ、その子どもたちはどんな思いを日本社会にいだいているのでしょうか?
この公演には、マニラ在住の7歳から17歳の総勢9人の子どもたちが参加します。


【開催概要】
日時:10月14日(金)11:15-12:00(開場:11:00)
会場:衆議院第1議員会館第1会議室
主催:DAWN,DAWN-Japan
協力:てのひらの会(人身売買問題に取り組む学生NGO)
(この公演&報告会は一般の方も参加できます。ご関心のある方は、当日、直接議員会館までお出でください。入り口で入館証をお渡しします。入場料は無料です。)

◎DAWN(Development Action for Women Network) http://www.dawnphil.org
マニラに事務所を置くNGO。フィリピンの出稼ぎ女性とJFC(Japanese Filipino Children)のあらゆる側面からの支援を活動の理念としています。心身共に弱った女性たちへのカウンセリングに始まり、子どもたちの教育のための援助、医療費などの支援、子どもの父親との連絡、経済的な自立を目指した生計支援のためのさまざまなプログラムの提供などの活動を行っています。

◎劇団「あけぼの」
DAWNの女性たちと子どもたちによって構成され、1997年にその活動を開始しました。演劇ワークショップの手法を取り入れたこの活動では、演技を通して女性たちや子どもたちが自分自身を表現することができます。それは失った自己尊厳の回復と新たな自信を身につけるための有効な手段となっています。

◎今回来日している劇団員
アイ・リサ・アカセ(15歳)、マサミ・カブガオ(11歳)、ヨウジ・セレソ(8歳)、ジュンコ・フジワラ(17歳)、キナコ・フジワラ(12歳)、イアン・イチロー・カドワキ(14歳)、ジョイニチ・カワグチ(14歳)、カナ・ナカヤ(8歳)、ナオミ・ナカヤ(7歳)
[PR]

by fwge1820 | 2005-10-11 08:53 | お知らせコーナー