yossie from Tsukuba   

ヨッシーさんは、筑波大学の学生さんです。
若者たちの適職、天職探しを支援するNGOキャリナビつながりで、知り合いになりました。
エネルギッシュで、自分の生き方を真剣に探している様子を見ていると、わたしも元気になれます。
また、yossieさんのブログは、とっても深い内容を、自然な表現で分かり易く書いていて、わたしも今年の大学の入学式の後にあった父兄説明会で一部を紹介したのですが、とっても好評でした。

yossieさんの「ささいな感情を大切に」も、生きていく上でとっても大切なことを、さり気ない文章で表した、心に残るエッセイです。
自分の思いを表現することで、逆に自分のことが分かるようになるというのは、実に鋭い観察だと思います。
人間が生きるということは、自分だけにしかない固有の価値を発見し、実現することなわけですが、この自己実現というのは、実は意外に深く、難しいものなのですよね。
わたしが勉強している現代カナダの哲学者、チャールズ・テイラーも同じようなことを書いています。
近代以前の人間が、自分の価値を社会における立場とか人間を超えた宇宙的秩序の中における自分の位置に基づくものと考えていたのに対して、近代以降の人間は、自らの価値を固有の表現を通じて明らかにする自己規定的(self-defining)な自己となったというのが、テイラーの表現主義的人間観の核心です。
テイラーは、自己というものは、様々な表現を通じて明晰化されていると語っています。
その表現手段のなかには、言葉とか踊りとか、唄、身体表現などが含まれるわけです。

yossieさんが、どんな「自己」を掘り当てるのか、わたしも楽しみにしてます。
[PR]

by fwge1820 | 2005-06-12 09:28 | わたしの仲間たち

<< 人間の安全保障・地球市民フォー... 核のない平和な世界を子どもたちへ >>