カルデロン・ノリコさんはマニラ日本人学校へ通えるか?   

17日に両親とともにフィリピンに強制送還されるかも知れないカルデロン・ノリコさんに対して、両親が不法入国した以上、一度、母国に帰るのはやむを得ないという意見がありました。
ノリコさんが日本語で学び続けたいのなら、フィリピンの日本人学校に通えば良いのではないかという提案もありました。
そこで、マニラ日本人学校について調べてみました。

まず、入学資格。
1.マニラ日本人学校入学資格
本校は,当地に一時的に滞在する日本人子弟を対象に,日本と同等の教育を行う目的で設立され,マニラ日本人会により受益者負担で運営される比国政府より承認された在外教育施設である。
以上のような本校の性格に鑑み,以下を本校転入学の資格条件とする。
1.転入学を希望する児童生徒は,日本国籍を有していること。
2.転入学を希望する児童生徒は,日本語の読む・書く・聞く・話す等の年齢相応の能力を持っていると本校で認定され得ること。
3.転入学を希望する児童生徒は,近い将来日本に帰国し,日本の学校教育を受ける意思を持っていること。
4.転入学を希望する児童生徒は,原則として次の年齢とすること。小学校 6~12才 中学校 13~15才
5.転入学を希望する児童生徒の保護者は,原則として児童生徒と同居し,日本国籍を有すること。
6.転入学を希望する児童生徒の保護者は,本校設立の趣旨及び教育方針を理解し,本校の規則に定められた経費(寄付金,入学金,授業料等)を負担する資力があると本校で認定され得ること。
7.原則として,転入学を希望する児童生徒の保護者は,マニラ日本人会会員であること。
以上の条件を満たした上,学校長が実施する児童生徒及び保護者の面接並びに本校実施の児童生徒の筆記テストに合格すること。
なお,転入学に関するその他特別な事例については,学校運営理事会が転入学の可否を決定する。
 ※入学時(編入学時)には,国語と算数(数学)の簡単な筆記テストを行います。

ノリコさんもノリコさんの両親も日本国籍を持っていないわけですから、そもそも日本人学校には入学できないように思います。

次が入学金と学費。
寄付金 2000米ドル(20万円)
入学金 15000ペソ(3万円)
学費 月6500ペソ(1万3千円) 年間15万6千円
長期改修・修繕費 月400ペソ(800円) 年間9600円
施設費 月3200ペソ(6400円) 年間7万6800円
学童障害保健 年間300ペソ(600円)
教材費 年間3900~9480ペソ(7800円~1万8960円) 
合計は48万800円~49万1960円。

ちなみに、フィリピンの一人当たり国民総生産は2007年で1777米ドル(外務省HP)

結論的には、普通のフィリピン人家族が子どもをマニラ日本人学校に通わせることは無理だと思います。
[PR]

by fwge1820 | 2009-03-12 15:35 | 国際人権論

<< 東洋大学大学院:2009年度の... カルデロン・ノリコさんのケース... >>